Chaos金太郎

移住10年目。新潟県柏崎の山間の集落を存続させるため活動中。

*

Jason Mrazを聞いて「人は幸せになるべき」と感じた

   

夏ころになるけど、職場のラジオからJason Mrazの「I’m Yours」が流れたことがありました。


もっぱらFM新潟を聞いています。この時は上村知世さんが話していたと思います。「I’m Yours」を流しながらこんなことを言っていました。

「ある野外フェスでこの曲が流れてきたとき、外の開放的な雰囲気と曲の良さに感動して、『生まれてきて、生きていて良かった〜』って思ったんですよー」

2016-01-12 21 39 03職場のレトロなラジオ

曲がラジオから流れてきたとき、私の場合は次のように思いました。

「こういう曲を聞くために、自分はこの世に生まれてきた」

上村知世さんの場合は、良い曲を聞き幸せな気分になったために、生きていて良かった、と感じたワケです。私の場合は、良い曲を聞くために生まれてきたと気がつけたワケです。まぁ言っていることは、恐れ多くも同じようなことなのですかね。

2016-01-12 21.25.22

生きていて良い曲との出会いがあると、とても幸せな気持ちになります。つまりは、自分は幸せになるために生まれてきたと、こう思うワケです。

もちろん私だけでなく、人はみんな幸せになるべきです。

当然、幸せの形は人によって違うし、幸せへの道のりもまた、人それぞれ。辛いことがあるのも人生。けど、その中でも生まれてきたからには人は幸せになるべきだと、私は思います。

「自分が幸せになれることって何だろう」ということ、もっと考えていいとハズ。「自分だけ幸せになる」はだめだけどね。そうすれば、もっと世の中、ハッピーになれる。

 

 

 

 - 音楽